袋井・掛川・森町・磐田|住宅から店舗・オフィス・工場まで安心の外構エクステリア工事 株式会社サイゴー

株式会社サイゴー

新築でお手頃な外構工事とは?【駐車場編】

LANDSCAPE & EXTERIOR GARDEN DESIGN

マイホームを建築中のお客様必見です。

 

マイホームが欲しいのに、駐車場やお庭はどうなるの?

外構工事って何?必要なの?

 

住宅の計画中に初めて耳にする「外構工事」という言葉。

 

家を建てたことがない方は、なかなか耳にしたことがないかと思いますが、

外構工事にかかるお値段は、決して安くはありません。

 

そこで、外構工事を安く抑えるコツを記事にまとめてみました!

 

※今回は、駐車場編です。

 

年間100軒以上、外構のプロがご教示いたします!

 

新築外構

 

 

 

 

1.外構工事とは?

  外構工事は、駐車場やお庭、境界回りのフェンスの工事を指します。

  ざっくり言うと、家を建てる際の建物以外の工事です。

   駐車場にコンクリートを入れたりや、お庭にウッドデッキや芝生を植えたり、

  人や動物が入ってこないように柵を設置することもあります。

 

施工事例4

 

 

2.安くするためのコツ 駐車場編

  駐車場と言ったら、どのようなものをイメージしますか?

  アスファルト?コンクリート?レンガ?

 

  ここで気を付けないといけないのが、駐車場に使う素材やデザインを間違えると、ものすごく高額になることです。

  もっともポピュラーなデザインは、白いコンクリート、いわゆる土間コンクリートです。

  車を止めるスペース全面に施工することが一般的です。

 

カーポートと目隠しフェンス

 

  白いコンクリートでは物足りない方は、天然石やレンガといいた他の素材を使うこともあります。

 

  ここでポイントなのが、天然石やレンガを使用すると、材料費・職人の施工費が高くなります。

 

  なので、当社では、「デザインよりも機能性だよ!」という方には、

  白いコンクリートを中心としたデザインをご提案しています。

 

  ただ白いコンクリートがあるだけでは、味気ないためスリット(コンクリート同士の隙間)に

  砂利を敷き込み、安く見えないデザインにしています。

 

  ※スリットは、割れ防止の観点でも重要です。

 

駐車場

 

  もっと安い方法?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あります!

 

  当たり前に思われてしまうかもしれませんが、土間コンクリートは、

  施工する面積が広ければ広いほど、お見積りが高くなります。

 

  逆を言えば、面積を狭くすれば、安くなるということです。

 

  最近の流行りは、自動車のタイヤが乗るところだけ、コンクリートにするデザインです。

 

  タイヤが乗らないところは、費用が安くなるように、砂利を使ったデザインです。

 

駐車場

 

 

  他にも、白いコンクリートでは味気ないから、レンガや天然石のようなデザインにしたい方は、

  スタンプコンクリートをお勧めします!

 

  面積が広くても安く費用を抑えることができるのが、スタンプコンクリートの特徴です。

 

  ディズニーやUSJ、アウトレットでも使われてますよ!

玄関前

 

 

 

3.最後に

  外構工事にかかるお金は、決して安いものではありません。

 

  安くて安心して任せられる業者を選ぶ必要があります。

 

  見積りをしている業者は、本当に適正な価格ですか?

 

  少しでも不安があるようでしたら、当社で最適なプランをご紹介いたします。

 

  ご気軽にお問合せ下さい。

 

ページトップ

エクステリアに関するお見積り・ご相談はいつでも無料です。
小さな工事でもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せ:0538-45-3150お電話でのお問合せ:0538-45-3150